人工知能研究所

製造がロボットに代わったように、知識労働者の仕事も自動化されると考えています。いままでのコンピューターシステムのように、明確に答えが事前に予測できるものではなく(生産性が向上するだけ)経営資源のあらゆる「入力条件と中間制約条件」をその瞬間ないし流動的に、最も効率の良い経営判断指標を出すものです。それは、遺伝的アルゴリズム、線形計画、混合整数計画法、非線形、制約理論、画像解析、音声解析、言語解析、機械学習、数理解析による数式演算の掛け合わせによって導き出されるものです。これによって、生産活動の日々変化する状況をインプットする仕組みから、機械学習され、数理計画法によって確率を算出し、今もっとも最適な経営指示を出すことが可能になることで「ビジネスの自動化」を実現します。